検索

成型加工

成型加工

成型加工技術 用途と目的に応じた成型加工技術
  • 押出
  • 造粒
  • コーティング
  • ドロッピング
成型品の物性制御技術 最適な成型加工技術の選択と工程条件の最適化、複合する素材やバインダの選定により下記の物性制御が可能
  • 比重
  • 強度
  • 細孔構造、比表面積
  • 水浸破壊 (液体に浸した時の割れ性)
  • 拡散性 (物質移動)
  • 形状
  • 熱膨張/収縮

押出

押出:原材料粉末の混合⇒混練⇒押出⇒焼成

画像 画像 画像 画像
  • 形状:棒状、三つ葉など
  • 長さ方向の均一カット
  • 角取り
    • 粉化防止, 充填率改善
    • 画像

造粒

造粒:原材料粉末の混合⇒核生成⇒造粒⇒焼成

画像
  • 球状サイズの制御
画像
  • 目的素材の均一造粒
  • コアシェル化
  • 中空化

弊社では成型加工技術を応用することにより、下記のような製品を製作することができます。

  • 2層、3層等の複層化による2つの反応を持たせた製品
  • バインダレスの造粒による反応性を向上させた製品
  • 金平糖形状などの粗い表面による高い幾何学表面積の製品

担当部門に直接お問合せ

担当部門 ビジネスイノベーション推進室
お問合せページ
TEL 03-5436-8479
FAX 03-5436-8680