検索

トップメッセージ

"自然との調和の追求"をスローガンに、ライセンス業務と触媒技術を通して社会貢献することを目指します。

"自然との調和の追求"をスローガンに、ライセンス業務と触媒技術を通して社会貢献することを目指します。

代表取締役社長 伊藤 浩文

自然との調和の追求、触媒

代表取締役社長伊藤 浩文

当社は、米国ユニバーサルオイル・プロダクツ社(現 UOP社)と日本揮発油株式会社(現 日揮ホールディングス株式会社)との合弁会社として設立されて以来、UOP社の石油精製・石油化学プロセスのライセンス(特許、ノウハウを含むプロセス技術の販売)とプロセス用触媒製造に取り組むと共にプロセス触媒の高性能化に注力してきました。また、一方で産業用排ガス処理触媒のパイオニアとしてクリーンな環境を目指した浄化用触媒に加えて省エネ目的の触媒、その使用技術の開発・提供を行ってきています。

UOP社開発の各種プロセスの当社ライセンスは現在まで総計800プロセス以上に達しており、石油精製・石油化学業界では大きな役割を担ってきました。

一方、当社の製造販売している主な触媒として、

石油精製、石油化学用各UOP触媒 産業用排ガス処理、省エネ用ガス浄化触媒 家電・OA機器、空気清浄機等民生用常温触媒 燃料電池関連触媒 石油精製、石油化学用各UOP触媒 産業用排ガス処理、省エネ用ガス浄化触媒 家電・OA機器、空気清浄機等民生用常温触媒 燃料電池関連触媒

があり、これらエネルギー分野および環境分野に関連した特徴ある触媒の製造を50年近く続けています。この間、お客様からのご要望をお聞きしつつ、環境貢献に注力し「未来に誇れる環境を!」をキーワードに研究開発を続け、多くの製品を市場に提供してきています。お客様から高いご支持をいただいていることを励みにさらに一段高いレベルを目指して努力を続けています。

20世紀になって本格的に工業規模で使われ始めた触媒ですが、石油精製、石油化学の発展につれ進歩してきました。成長過程で酸性雨、光化学スモッグなどの公害問題が発生しましたが、その解決にあたって触媒は重要な一翼を担いました。皆さんご存知のように触媒は非常に不思議な力を持っており、その使用領域は無限とも言われています。当社の環境関連触媒も排ガスの浄化に始まって、近年では民生機器への常温触媒の開発などいわゆる環境にやさしい触媒を含めた製品の開発や製造を続けています。今後とも当社は"自然との調和の追求"をスローガンにライセンス業務とともに触媒技術を通して社会貢献することを目指します。

代表取締役社長  伊藤 浩文