当社は1963年の創業以来50数年にわたり数々のUOPプロセスを石油精製・石油化学産業界に提供し、国内では450基以上のライセンス実績があります。UOP社はプロセスの開発に力を入れており、絶えず技術の進化に取り組むとともに、各種プロセス向けの触媒提供も行っています。

Molexプロセス

UOP社が開発したSorbex擬似移動床分離技術を用いて、直留灯油留分原料から高純度のノルマルパラフィン(直鎖パラフィン)を吸着分離で製造するプロセスをライセンスしています。

Olexプロセス

Molexプロセスと同じSorbex擬似移動床技術を用い、パラフィン・オレフィン混合原料から高純度のオレフィンを吸着分離製造するプロセスです。

Detergent Alkylationプロセス

フッ化水素(HF)を触媒としてベンゼンと直鎖モノオレフィンから直鎖アルキルベンゼンを製造するプロセスをライセンスしています。

Detalプロセス

ゼオライト触媒を使用し、ベンゼンと直鎖モノオレフィンから直鎖アルキルベンゼンを製造するプロセスをライセンスしています。従来法のようにフッ化水素を使用することなく、運転性・安全面にも配慮された技術を提供しています。

Pacolプロセス

C12~C14の直鎖パラフィン原料を固体触媒存在下で脱水素し、直鎖モノオレフィンを製造するプロセスをライセンスしています。

DeFineプロセス

Pacol装置の反応塔流出液中のジエン(ジオレフィン)を固体触媒存在下で選択的に水添し、モノオレフィンにするプロセスをライセンスしています。これにより、Pacol装置からのモノオレフィン収率を高めることが出来ます。

担当部門に直接お問合せ

担当部門 プロセス技術・触媒本部
お問合せページ
TEL 03-5436-8466
FAX 03-5436-8389

製品・サービス

side applications

 
 
SSL グローバルサインのサイトシール

pagetop