1963年(昭和38年) 9月、米国UOP社と日揮株式会社との合弁会社として石油精製装置に使用される白金触媒の製造および使用済触媒からの白金回収を当初の目的として設立されました。(資本金8億3千万円)
その後、UOP社が開発した広範囲な分野にわたる各種技術を導入し、1969年(昭和44年)より石油精製・石油化学用プロセスの販売を開始しました。
近年は自社技術開発により大気汚染防止等の公害防止技術ならびに環境改善に用いられる環境浄化触媒など、より良い生活環境づくりを目標に活動を続けています。

年表

1963年昭和38年 日本揮発油株式会社(現・日揮株式会社)と米国UOP社との合弁会社として石油精製用触媒の製造および使用済触媒からの白金回収を目的として設立
1964年昭和39年 平塚工場竣工
1966年昭和41年 食品用酸化防止剤製造販売開始
1969年昭和44年 UOP社の石油精製・石油化学用プロセス関連業務の営業開始
1970年昭和45年 研究所第1棟完成
1976年昭和51年 キャタフォーム触媒製造販売開始
1982年昭和57年 研究所第2棟完成
1984年昭和59年 資本金10億円に増資
1987年昭和62年 脱臭用オゾン分解触媒販売開始
1989年平成元年 脱臭用吸着酸化触媒製造販売開始
1992年平成4年 研究所第3棟完成
1993年平成5年 NIR分析計取扱業務開始
1994年平成6年 低温酸化脱臭触媒(LTC)開発・販売開始
1996年平成8年 UOP社との共同出資でシンガポールにUniversal Oil Products Asia Pacific Pte. Ltd.を設立(2013年 UOP Asia Pacific Pte. Ltd.へ会社名を変更)
1997年平成9年 ISO9002認証取得
アルミハニカム触媒(NHC)開発
1999年平成11年 酵素濾紙・フィルタ販売開始
2000年平成12年 ISO14001認証取得
超寿命新型ノルマルパラフィン脱水素触媒販売開始
2001年平成13年 CCR用 R-234 触媒販売開始
2002年平成14年 ISO9001(2000年度版)認証取得
2003年平成15年 アルデヒド強化型脱臭触媒LTC-H2販売開始
IH調理器用脱煙脱臭触媒販売開始
固定床用 R-86 プラットフォーミング触媒開始
2004年平成16年 シリコーン耐久性用NHP触媒販売開始
有機窒素分解用NHN触媒販売開始
2005年平成17年 CCR用 R-264 プラットフォーミング触媒販売開始
殺菌・滅菌関連製品の販売開始
「殺菌用酵素フィルタ濾材の開発と実用化」が触媒工業協会の平成17年度技術賞を受賞
2006年平成18年 石油化学プラント排ガス処理用触媒開発・販売開始
固定床用 R-98 プラットフォーミング触媒開発・販売開始
マット状常温脱臭触媒開発・販売開始
平塚工場に触媒製造用の新焼成炉導入・稼動開始
2007年平成19年 UOP LCO-Xプロセス販売開始(FCC LCOの処理問題と芳香族供給を同時に可能、精製・石化間の相互作用を実現する画期的最新技術)
不織布低温脱臭触媒開発・商品化
脱臭フィルタ+殺菌酵素フィルタを組合せた空気清浄機販売開始
TPM(Total Productive Maintenance)活動開始
2008年平成20年 貴金属低減タイプVOC触媒開発・商品化
2009年平成21年 高性能再生型低温脱臭触媒(LTC-H5)開発・販売開始
殺菌酵素フィルタ搭載クリーン・パーティション「クリーンプロ・バイオフリー」販売開始
2010年平成22年 過酸化水素ガス発生器開発・販売開始
CCR用 R-254 プラットフォーミング触媒販売開始
固定床用 R-500 プラットフォーミング触媒販売開始
2011年平成23年 CCR用 R-284 プラットフォーミング触媒販売開始
2013年平成25年 CCR用 R-334 プラットフォーミング触媒販売開始
創立50周年
2014年平成26年 高水分下アンモニア分解触媒(IKOMAC 30)開発・販売開始
2015年平成27年 カスタム工場稼動開始
ORP及びSHP用 H-150触媒販売開始
2016年平成28年 超小型過酸化水素ガス発生器開発・販売開始
CCR用 R-364プラットフォーミング触媒販売開始
2017年平成29年 脱臭フィルター(LTC-P)開発・販売開始
ニューリダクション(新還元炉)工場竣工

会社情報

 
 
SSL グローバルサインのサイトシール

pagetop