ozone 02現在、オゾン利用技術は様々な分野で普及しております。近年では、コロナ放電、半導体洗浄、水処理、電子線照射、等の分野でオゾン処理が必要とされております。当社オゾン分解触媒は、ガス接触効率に優れたハニカム構造体に独自技術であるマンガンを担持した触媒であり、有害なオゾンを無害な酸素に分解させます。
当社のオゾン分解触媒は全て無機物質から出来ており、オゾンによる燃焼灰化や爆発の危険性がありません。また、幅広い濃度および温度範囲で高性能を発揮すると共に、ハニカム構造である事から低圧損で長寿命が得られます。

オゾンの有害性

触媒ラインナップ

 NHC-423NHC-453
触媒形状 コルゲートハニカム状
セル数 200 cells/inch2 500 cells/inch2
標準サイズ 150×150×50t mm
充填比重 0.4~0.5 g/cc

実績

適用分野オゾン濃度基数
表面処理洗浄(液晶、半導体、等) 1,000~数万ppm 500基以上
コロナ放電(フィルム、金属、等) 1~数百ppm
水処理(上下水道、プール、オゾン水製造機、等) 100~数万ppm
EB照射(食品、医療、医療器具、等) 数十ppm
その他

触媒性能

ozone 01

活性炭法との比較

担当部門に直接お問合せ

担当部門 環境触媒本部
お問合せページ
TEL 03-5436-8479
FAX 03-5436-8680

製品・サービス

side applications

 
 
SSL グローバルサインのサイトシール

pagetop