nox 02一般的な窒素酸化物(NOx)処理用の脱硝触媒(V-W系)に加え、高温耐熱型の脱硝触媒をご紹介します。

 

触媒ラインナップ

種類 低温反応型脱硝触媒 高温耐熱型脱硝触媒
形状 ハニカム状(押出成型品) コルゲートハニカム 
標準サイズ 150×150×500Lmm 150×150×50tmm 
セル数 45 cells/inch2 200 cells/inch2 
充填比重 0.5~0.6 g/cc 0.4~0.5 g/cc 
推奨使用温度 250℃以上 350℃以上 
耐熱温度 410℃以下 700℃以下 

特長

窒素酸化物(NOx)は大気汚染防止法の対象物質であり、NOx除去方法として、苛性ソーダ等を使用する湿式法と脱硝触媒と還元剤を用いてNOxを窒素に還元する乾式法があります。湿式法は液体を用いてNOxの吸収をするもので、吸収液の処理等を含めプロセスが複雑になる傾向があり、高効率低コストでの処理が難しいため、火力発電等大半の分野では乾式法が採用されています。

排ガス中にNH3や有機窒素化合物が含まれる場合、当社アンモニア分解触媒/有機窒素分解触媒にてアンモニアの完全分解、NOxの低減は可能です。しかしながら、既にNOxとなったものを処理する場合には還元剤としてNH3や尿素の注入し、脱硝触媒による処理が必要となります。

当社では従来のV2O5-W2O5系脱硝触媒に加え、400℃以上の高温度域で使用可能な脱硝触媒を販売しています。また、高温脱硝触媒ではNOx処理のみならず、N2O処理も可能であり、NOx-N2O共存下でも同時処理が可能となります。

NOx反応率

nox 03

担当部門に直接お問合せ

担当部門 環境触媒本部
お問合せページ
TEL 03-5436-8479
FAX 03-5436-8680

製品・サービス

side applications

 
 
SSL グローバルサインのサイトシール

pagetop