殺菌工程内の過酸化水素ベーパー濃度管理

通常、殺菌装置内の過酸化水素ベーパー濃度は予測値により殺菌工程を管理しています。殺菌装置内の安定した殺菌工程管理をするためには、装置内の濃度測定が必要です。

Guided Wave過酸化水素ベーパーモニターは殺菌装置内および滅菌装置出口付近の過酸化水素ベーパー濃度をリアルタイムにて測定できます。

 

主な機能

  • NIRスペクトル (Near Infrared Radiation : 近赤外線) を使用
  • 水と過酸化水素のベーパーを同時に測定
  • 測定時間 10秒~30秒
  • 光源ランプの交換操作が容易
  • ランプ交換による検量線のズレがない
  • キーパッドの簡単な操作により測定
  • リアルタイムにて測定
  • 検量線の作成は不要
  • コンピューターとの通信が可能
  • アナログおよびデジタルの出力が可能

 

lab412
Guided Wave過酸化水素
ベーパーモニター

 

guidewave-probe
光路長25cm測定用プローブ

『過酸化水素は十分定量導入にしているが滅菌出来ていない』

この現象は殺菌装置内で過酸化水素が凝縮しベーパー状態でないため滅菌されていません。Guided Wave過酸化水素ベーパーモニターは、リアルタイム(10秒~30秒)毎に過酸化水素ベーパー濃度を測定しておりますので過酸化水素が凝縮しているかどうか判断可能です。

kasanka-gyousyuku-trend
過酸化水素の凝縮状態のトレンド

kasanka-seijyou-trend
過酸化水素の正常状態のトレンド

真空殺菌工程の過酸化水素ベーパー濃度管理

Guided Wave過酸化水素ベーパーモニターは、電極式測定法と異なり光学式であり、測定端(プローブ)にサニタリーフランジ(1S,2S)を取り付ける事により10-4トール迄の真空下で連続的に測定可能です。

guidewave-samplechamber
サンプルチャンバー

guidewave-50cmprobe
光路長50cm測定用プローブ

Guided Wave エチレンオキシサイドベーパーモニター

エチレンオキサイド(酸化エチレン)ガス濃度測定は現在主にガスクロにより測定しています。 しかし、ガスクロの測定時間は1回測定に数十分間かかります。 殺菌工程管理を行う上で短時間の測定が望まれます。

Guided Waveエチレンオキサイドベーパーモニターは10縲鰀30秒で1回の測定ができます。 従って殺菌工程管理をリアルタイムで管理できます。 また、このモニターは測定部分を変更する事により液体のCH基、NH基、OH基の測定も可能です。

 

主な機能

  • NIRスペクトル (Near Infrared Radiation : 近赤外線) を使用
  • エチレンオキサイドのベーパーを測定
  • 測定時間 10秒~30秒
  • リアルタイムにて測定
  • コンピューターとの通信が可能
  • アナログ及びデジタルの出力が可能

Guided Wave社について

Guided Wave logo
Guided Wave社 外部サイトへ はアメリカのカリフォルニア州を拠点としており、主な製品として近赤外分析計があります。近赤外分析計は、世界各国の石油精製、石油化学、医薬、食品等の顧客にてご使用いただいております。

担当部門に直接お問合せ

担当部門 新商品企画室
お問合せページ
TEL 03-5436-8451
FAX 03-5436-8388

製品・サービス

side applications

 
 
SSL グローバルサインのサイトシール

pagetop